2021_winner_1
2021_winner_
2021_winner_2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow

2022年6月度 BCL大会@ROOTS 結果

大会結果

優勝 名護(ROOTS:SB)
準優勝 西野(SOUTH:SB)
3位タイ 兼城(BAATA:B)
3位タイ 新垣(SOUTH:SB)

6月のBCL大会はROOTSで行われ参加人数31名。
ベスト4に残ったのは、名護選手、西野選手、兼城選手、新垣選手の4名。

準決勝第1試合/名護選手 vs 兼城選手
6番穴前の3球取り切りであったが、兼城選手がテーブルのコンディションを掴めず出しミスをしてしまい、名護選手に先制を許してしまう。続く第2ゲームでは名護選手が4番から取り切り、2-0とセットを重ねる。次のゲームは必ず取りたい兼城選手であったが、6番をカタカタで穴前に残してしまい、さらに追加点を決められてしまう。そのまま名護選手の勢いを止めることができず、5-0で名護選手が決勝進出を決めた。

準決勝第2試合/新垣選手 vs 西野選手
序盤から両者一歩も譲らない攻防が続き、2-3と拮抗した状態で後半戦へ続く。新垣選手のブレイクからスタートした第6ゲーム目は、取り出し1番が隠れている状態だったが、新垣選手のクッションからのスーパーショットでポケット。しかし、次の2番も隠れてしまうが、今度はジャンプショットでポケットし、貴重な1点をマスワリで追加して3-3とする。次のゲームでは西野選手が取って3-4とし、そのまま決めるかと思われてゲームボールの9番を外してしまい、新垣選手がしっかり沈めてヒルヒルの最終ゲームへ。最後は西野選手が落ち着いて取り切り、決勝戦へ進んだ。

決勝戦/名護選手 vs 西野選手
最後はまさかの展開となった6月度のBCL大会決勝戦。互いに安定したプレーで一歩も譲らずシーソーゲームが続く中、ヒルヒルの最終ゲームへ。名護選手の8番出しミスから、シュートミスしてしまう。残り2球の8番を西野選手が決め、そのまま9番を決めるかと思いきや、薄い9番のカットが穴に嫌われ穴前で止まってしまう。痺れる展開の中、最後は名護選手が見事に制し、初優勝を飾った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました