2021_winner_1
2021_winner_
2021_winner_2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow

2022年9月度 BCL大会@ROOTS 結果

大会結果

優勝  高良(ROOTS:B)
準優勝 名護(ROOTS:SB)
3位タイ 喜屋武(BAATA:SB)
3位タイ 大城(BAATA:B)

9月のBCL大会はROOTSで行われ参加人数30名。
ベスト4に残ったのは、高良選手、名護選手、喜屋武選手、大城選手の4名。

準決勝第1試合/高良選手 vs 喜屋武選手
喜屋武選手の取り切りからスタートした準決勝第1試合。次のゲームでは喜屋武選手が7番を穴前に残し、高良選手がお返しの取り切りで1-1とする。その後、互いに取り切りで1ポイントずつを重ね、2-2となるも喜屋武選手が再度取り切り2-3でゲームは後半戦へ。ここで高良選手の⑧⑨コンビ、そして⑤⑨コンビの2連続コンビが決まり、決勝進出を決めた。

準決勝第2試合/名護選手 vs 大城選手
第1ゲームは名護選手の3番セーフティから取り切り1-0とする。続く第2ゲームも回ってきたハイボールをしっかり沈め名護選手が2-0とスタートダッシュを決める。更に追加点で3-0と大城選手を突き放す。このまま名護選手が走り切るかに思われたが、大城選手も取りきって1点返し、次のゲームでは名護選手の6番ミスから大城選手が再度取りきって3-2と追い上げる。更に大城選手の怒涛の追い上げで3-3とし、先にリーチをかける。後がない名護選手だったが、ここはしっかり取り切りヒルヒルの最終ゲームへ。最後は名護選手が3番のフリーボールからしっかり取り切り、5-3でこちらも決勝進出を決めた。

決勝戦/高良選手 vs 名護選手
高良選手にとって初めての決勝戦となる9月度のBCL大会。第1ゲームは名護選手が6番から取り切り0-1、続く第2ゲームも9番をしっかり沈め0-2で先行する。高良選手も負けじと1点返すも、次のゲームでは名護選手が取り切り1-3となる。ここでしっかり決めたい名護選手であったが、9番を入れスクラッチしてしまい、2-3で高良選手が追い上げる。しかし名護選手も難しい6番をしっかり沈め、2-4で先にリーチをかける。第7ゲームは高良選手の9番ミスで万事休すかと思われたが、名護選手がまさかの2回目の入れスクラッチでヒルヒルの最終ゲームへ。最後は高良選手が1番穴前からしっかり取り切り、初優勝を飾った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました